月別アーカイブ: 2009年4月

B6 タンク蒸気機関車を衝動買い

本日は、河合商会 B6 (2286タイプ) 蒸気機関車を買ってきました。

河合商会 B6 2286タイプ

Nゲージで初めて買ったのがトミー =バックマンOEM? の「外国形蒸気機関車/貨車、固定線路(枕木の真鍮レール)」 セットでした。(R190位の急カーブ楕円を単2電池6本のパワーパックで動いてお気に入りでした。古すぎて今は残ってません ^_^;)

というわけで懐かしさもあり、小さなミニタンク蒸気を見かけたので即ゲットです。5千円位なので迷いはありませんw
もちろん金属製品で精密なものがあるだろ?と言われればそのとおりなのですが、高いのはどうも身の丈に合わない気がするのですよねぇ。

早速動かして見ましたが、カーブは R177が限界でしかも時計回りのみOKです。R177反時計回りだと脱線します。
タンク機関車なのにR140急カーブに入線できないとはガックシ orz

これは 0-6-2 の軸配置が原因で、動輪後ろの従輪がカーブで横方向に追従できないようです。
従輪を外してしまえば大丈夫そうですが、0-6-0 だとイマイチ…なんとかしたい…また検討課題が増えました。

きんてつ鉄道まつり2009塩浜検修車庫

きんてつ鉄道まつり2009in塩浜に行ってきました。
例によって、北勢線でパークアンドライドして、桑名から急行で三つ目の塩浜駅です。
前日、雨が盛大に降ったので心配でしたが…風が強いものの当日は晴れてくれました。

主な車両は、新型近鉄特急22600系Ace、はかるくん、電動貨車モト94、電気機関車(デ32)などです。

きんてつ鉄道まつり2009塩浜研修車庫 デ32、モト94、新型特急22600系きんてつ鉄道まつり2009塩浜研修車庫 28t軌道モーターカー、はかるくん
前日天気が悪かったせいか、人はちょっと少なめに感じましたが、体験コーナーはあいかわらず長い列で60分待ちが結構ありました。

販売コーナー優先で、新型特急22600系パンフなど*1 をゲット

敷地が細長いので写真の角度がつらいところがありますが資料用に事業車両を重点的に撮ってきました。
午後に人が少なくなってからは、車体床下探検,パンタグラフ操作,マスコン操作,新型特急22600系展示(車内)に30分位づつ並んで体験しました。

きんてつ鉄道まつり2009塩浜研修車庫 回送用台車,パンタPT42,密着連結器

新型特急22600系車内は、まだ新車の匂いと一部ビニールカバーが残ってました。着座すると座席間隔に余裕があっていいです。写真は天気が良すぎてボディがテカテカに反射しています。
きんてつ鉄道まつり2009塩浜研修車庫 新型特急22600系

今回は2008五位堂の時、写真優先で若干心残りだった(^^; ものを体験できたのでOKです。
マスコン操作に連動して、メカ的なカタカタ音がするのがなんとも言えません。マスコン説明の人は、ちびっ子には丁寧な説明ですが、鉄ぽい人には説明は省略気味ですw。

きんてつ鉄道まつり2009塩浜研修車庫 トラバーサーによる車両(2002)移動

またトラバーサーによる車両大移動(車両横方向にスライドする)実演が良かったですね。外で40tもの重量物である車両(2002=ビスタIIのモータ流用)が動くのは迫力があります。

*1 本日の土産:新型特急22600系パンフ,伊賀鉄道860系鉄コレ,近鉄15200系Bトレ,記念入場券,DVD

きんてつ鉄道まつり2009塩浜研修車庫 22600系パンフ,記念入場券,伊賀鉄コレ,15200系Bトレ

近鉄5820系&阪神1000系(Bトレ)

近鉄5820系&阪神1000系

今頃ですが、組みました。

KATOの走行パーツをやっとそろえたので…

えっと単に、阪神なんば記念Bトレを組んだだけです。大したことは何もありません。

写真の撮り方によっては違和感がないですね。となりのGMの近鉄5800系と正面からなら並べても見れます。

カプラーをKATOのものに変えると、スカートからちょうどいい長さで密連が出るので良い感じです。
前頭部形状が台形で角がないので、このカプラーで、C103 スーパーミニレールカーブもクリアしました。お勧めです。細かいことを言うと電連が1個足りませんがw

パンタは、手持ちのGM PT48 を近鉄へ、
阪神1000系は買ってきたシングルアームパンタ TOMIX C-PS27が合わず未交換です。
Bトレの4つ穴に合うシングルパンタはどこのでしょうか?…そのうち、なんとかしますが(^^;

近鉄58210系&阪神1000系

近鉄5820系&阪神1000系 C103

前回のZJゲージの記事と比べると、お気楽工作ですが、改めてNの(KATO台車)精度と転がりの良さがわかります。
たまにはお気楽工作も良いものです。

ZJゲージ 485系 動力車の修理メンテ

プラスアップ ZJ485系 ひたちカラー を入手しました。今回は塗装のズレもなく、動力も調子が良くOKです。ZJゲージは2編成となります。

ZJゲージ485系 標準カラー、ひたちカラー

すると、以前入手した調子の悪い動力車の「国鉄色」1編成が気になってきます。

こちらは、動力台車の車輪が(車軸に対して)正確に90度になっておらず、走行時に横から見てわかるレベルで上下に車輪が揺れてレールから浮くのです。空転して牽引力がイマイチです。
比べると、もう気になって仕方ないので、動力車の修理を試みることにしました。

前の記事で、行わなかったのは、動力台車のプラはめ込み部分が溶かして外れないようになっていたからですが…
大垣城の階段で怪我して青くなった指も完治しましたし… 今回は勢いで敢行w

注意深く丁寧に、カッターナイフ先で溶着部分に切れ目を入れます。時計用ドライバーで突付いて外れました。KATO Nゲージに似た構造です。

ZJゲージ485系 動力台車ZJゲージ485系 動力台車分解 車輪抜きZJゲージ485系 ギア付き中空軸車輪ZJゲージ485系 曲がった動力車輪

なんとか無事分解できたので、ダメな車輪を取出します。この車輪をレール上で転がすと、全然転がりません。中空軸から外してみました。90度ではないことがわかるかと思います。

車輪の曲げ修正を試みますが部品保持が難しい為、四苦八苦して、いったん諦めムード orz
ふと、KATOと同じ中空軸なら、T車の車輪が使えるのでは?と ピコーンw 試したところピッタシでした。v(^^)

なお、T車用の車輪もバラツキが多く、KATO,TOMIXなど Nゲージレベルより低い印象です。そのなかで比較的良い車輪を選びました。やっぱり食玩/中華品質でしょうか…

残ったダメな歪み車輪は、T車用なら壊れてもいいや、踏ん切りがついたので力まかせに曲げたところ補正できましたw

ZJゲージ485系 試走

すべてを、組み直して試走したところ、及第点レベルとなりました。
ただ今回、運に助けられた部分もあります。Zゲージだと分解は辛いですね。

1日乗り放題パスで三岐鉄道三岐線を散策

先日、天気が良いのに出かけないのはもったいということで…三岐鉄道三岐線に行ってきました。
って、今頃になって記事書いてます。指の腫れがひいてキーが打ちやすくなりましたので^^;
三岐鉄道三岐線で、パークアンドライドして、西藤原、東藤原、保々、丹生川、近鉄富田を散策してきました。
三岐線は1000円で1日乗り放題パスがあるので、気軽に乗り降りできるのが良いですね。(※北勢線はフリーきっぷが残念ながらありませんいつの頃か、北勢線も使えるようになりました。修正2010/10/21)

東藤原~西藤原間は、枕木の間に草が生えていてレール状態もいまいちですがセメント工場への引込み線に、貨車が連なっているのを見るとなんだか嬉しくなります。

終点の西藤原駅へ近づいていくと、蒸気機関車E101がホームに見えます。その後ろには、ディーゼル機関車DB25、電気機関車いぶき502 が並んでいます。停車したホームに電車と機関車が並んでいる絵はなんとも言えません。

三岐鉄道 西藤原駅三岐鉄道 西藤原駅舎、展示車両と模型
三岐鉄道 西藤原駅ホーム

西藤原駅は蒸気機関車風の駅舎になっていて、駅前の「ウィステリア鉄道」(人が乗れるミニSL/電車をボランティア運営)があって、歓声で賑やかでした。他にも三岐鉄道のジオラマなどがあって盛りだくさんです。ここでは、保存されている機関車達を写真に収めました。

つぎは、西藤原を起点に途中下車しつつ寄り道しながら、終点の近鉄富田を目指します。

三岐鉄道 ED重連三岐鉄道 ED重連

東藤原では、電気機関車が重連で貨車を牽いているのを見かけました。ホキが連なっているのを見ると
貨物列車もやはり良いものだ。と改めて思ってしまうので単純なものです。^^;

丹生川駅では、貨物博物館があります。この日は閉館日だったので、野外展示の蒸気機関車B4 39形や貨車を見てきました。間近で多様な貨車が見れるのはいいです。

三岐鉄道 貨物博物館

保々駅では、さよなら運転を行った601系(パンタグラフは無)、西武鉄道カラーのままの1238+238(部品取り用)が止まっていました。運用から離れた車両は、展示保存されている車両と比べると、なんだか寂しい感じに見えます。

三岐鉄道 601系三岐鉄道 西部鉄道1238+238

終点の近鉄富田駅は、クジラ形に最近駅舎が新しくなりました。

三岐鉄道 近鉄富田駅舎三岐鉄道 近鉄富田

三岐線は今時めずらしく有人改札となっており、自動改札化されている北勢線と対照的で不思議な感じでした。
次は貨物博物館の開館日に訪ねたいものです。

WordPress 記事の画像リンクを編集せずにHighslide化するプラグイン

本サイトでは、Wordpress 記事の写真など画像ポップアップ表示に、現在 Highslide JSを使っています。
これは同時にポップアップで表示することができ、しかもその画像をドラッグで移動ができるという優れものです。

WordPress 用プラグインとして wp-highslide を使っていましたが、highslide専用のタグで記述をする必要がありました。Highslide ボタンを使ったとしても、URLなどパラメータ入力がとても面倒でした。そのため古い記事はHighslideは未対応になっていました。

Highslide を、普通の記事の画像リンクと同じ方法で入力できないか探したところ、あけびさんの WordPress用Highslide JSプラグイン(ak-hs)でうまく行きました。

プラグインを導入するだけで、古い記事を書き換えることなく画像リンクが全て、Highslide化しました。^^
必要十分な機能でシンプルです。wp-highslide と併用しても特に問題なさそうです。感謝

養老鉄道休日フリーきっぷで大垣へ

本日は、養老鉄道(もと近鉄養老線)ですw

天気が良いのに、出かけないのはもったいない。というわけです。
#模型もパーツ・材料など少しずつ集めていますケド
#日記に書くほどでもないので…^^;

経路は、三岐鉄道北勢線→桑名→大垣→揖斐です。

養老線は、桑名→大垣のショートカットにあたるのですが、本数と運賃の関係で、乗換え案内などで検索すると、あまりルートに出てきません^_^;
今回は、桑名近辺までしか養老線で行ったことがなかったので、揖斐の終点まで行くことにしました。養老鉄道の休日フリーきっぷが1000円ですので、桑名→揖斐を往復すれば余裕で元がとれます。

北勢線でパークアンドライドして、そのまま北勢線で写真を撮ってから、桑名で乗換えたところ、ちょうど薬膳列車にあたりました。

養老鉄道 薬膳列車

薬膳列車は(4: 2009/7/28訂正→ 3両のうち)1両を貸切にして、薬膳料理がテーブルに用意されるようです。結構盛況でした。専用のヘッドマークが付くのがよいですね。
近鉄のマルーンとクリームにだいぶ慣れましたが、やっぱり、マルーン1色は子供時代から長く見ているので(私にとっては)違和感が全くありませんw

20年位前、急カーブになると、吊革がパイプにコーンコーンと当たって音を立てていた(^_^;;;;
旧型の吊掛け電車が強烈な記憶として残っているのですが、もう走ってないことが、残念なことでしょうか…

沿線には、有名な「養老の滝」「多度大社」がありますが、以前行ったことがあるので、大垣まで、ひたすら乗ります。
交換可能だった駅のポイントがいくつか無くなった駅ありました。
車窓は基本的には平坦が多く変化が少ないですが、大垣に近づくとローカルらしからぬ高架があります。
桑名から大垣に着いたら揖斐行きに乗換えて、終点の揖斐で折り返して、大垣へ

養老鉄道 ワンマン桑名行き養老鉄道 揖斐

大垣APIOのロッテリアでは、養老鉄道のきっぷを見せると、ドリンクが100円になるサービスを行っていたのでお得でした。
ロッテリアで一休みしてから、大垣駅の旧国鉄貨物駅跡、大垣城を見学してから帰路につきました。

大垣駅 旧国鉄貨物駅跡大垣城大垣城 桜

今日乗ったのはサイクルトレインで、自転車持込可能(先頭から2両目のみ)な列車です。
養老沿線は、名所までが遠いところが多いので、今度は自転車で利用してみたいところです。

ところで大垣城では、階段で、つんのめって指を変な風に当ててしまい、今指が紫色になっています。イタヒ(;_;

小旅行の列車たちのN(叡山電鉄/伊賀鉄道/JR東海)

青春18切符や近鉄週フリーパスを使って行った、最近の小旅行で乗ったり、撮ったりした列車たちのNゲージを並べてみました。
近鉄しか興味ないヤツと思われているかもしれないので、今回は近鉄は除外しています。^^;

1.京都(叡山電鉄)伊賀(伊賀鉄道)へ

Nゲージ 叡山電鉄900系「きらら」、キハ75「快速みえ」、伊賀鉄道860系

2.JR東海編:長良川鉄道へ(JR太多線)富山へ(高山本線)中部天竜(飯田線)へ

Nゲージ JR東海 383系、373系、313系3000番台、キハ75、213系5000番台、119系

まだパーツが付いてないのもありますけど、JR東海カラーのみ並ぶと、2両のみでも、なかなかです。
ただ、知らない人には全部同じ「電車」と言われてしまいそうです。(^_^;

・119系(マイクロエース)は飯田線の旅が終わってからIYH
・しなの383系増結(KATO)は三宮ジョーシンでIYH
(ここにはないけど、オリエントエクスプレスIYH, アーバンライナーIYH)

…と言う風に、熱が入ってしまうことが多いので、

旅行すると地元ではないので、あまり興味がなかったJR西日本や、阪急、阪神が欲しくなってしまうから困りものです。

青春18切符で富山へ(高山本線)

18切符の旅、今度は富山です。(ちょっと花粉症でダルくて今頃~記事を書いてますf^^;。日付は行った日です。)

経路は、JR太多線→JR高山本線→高山→猪谷→富山駅です。
高山本線 キハ48

この前「京都へ行ってきた」「中部天竜行ってきた」などと口を滑らした為、なぜか、18切符残りを1人で3回使うつもりが、3人で1回となりました。^_^;まぁいいけど
「高山本線へ行ってみたい」という要望により、日帰りで富山へ行くことになりました。

高山本線 車窓から岩のある川高山本線 車窓からダム

先日の長良川鉄道と同じく川沿いを行く高山本線ですが、山間部を通るので川も山も、岩が角ばっていて、長良川より荒々しい感じです。また途中ダムがいくつもあり車窓は見ごたえがあります。

高山本線 下呂駅

下呂で途中停車の際には、下呂駅ホームにある温泉から素早く、ペットボトルにお湯を汲んでこれをカイロ代わりとしました。
太多線はJR東海キハ11、美濃太田→猪谷のJR東海エリアではキハ48が多く走っていましたが、猪谷から先のJR西日本エリアでは、キハ120でした。

猪谷での乗換えが(高山)本線なのに数が少なく寂しいところですが、かつては神岡鉄道があり分岐した線路がまだ残っています。
ガムテープで飛騨中山駅の行き先が消してあったのが泣けます。

本数が少ないせいか、猪谷駅の待合室には小説やマンガなど常備されており、お客はそれで暇をつぶすのが恒例のようでした。

高山本線 キハ120高山本線 富山駅、そば

やっとこ、キハ120に乗換えて富山につきました。この時点で片道7時間です(^^;
猪谷駅がローカルすぎたので、富山はそれなりと、なんとなく思ってましたが、ちょっとなめてました。富山駅付近は結構発展しています。(北陸新幹線も予定されているし)

富山駅でお昼のそばを食べていたところ、市電(正確には:富山地鉄の市内線)が見えたので、「市電が走っているんだ~」ということで、市電に乗ってきました。吊り掛け音が懐かしく、鉄分少な目の人も好評です。
#飛騨高山あたりから富山になると、信号機の表示が縦(上から赤、黄、青)になっています。知ってますか

富山市電 (道路信号機表示が縦)富山ライトレール富山地方鉄道 富山駅高山本線 富山駅 475系

3人で鉄分は多くなく、雨も降っていた為、乗り鉄で連れまわすわけにも行かず^^;
富山地方鉄道(地鉄)、富山ライトレールは写真だけとなりました。帰りは同じルートで多治見へ戻ってきました。

高山本線の川とダムのルートは乗り鉄を楽しむには良いかと思います。

長良川鉄道(越美南線)へ

その昔、通勤途中に美濃太田駅から見ていた長良川鉄道…

いつか、いつか、と思いつつ、ずっと乗ってませんでしたが、先日やっと乗ってきました。^^;

長良川鉄道は、その名のとおり、長良川沿いを走る第3セクター(旧国鉄の越美南線)です。
美濃太田駅からしばらく平地ですが、美濃市(途中下車して、旧名鉄美濃駅を立寄ることお勧めです)を過ぎたあたりから、山間にそって、長良川を見ながら田畑の中を走っていきます。

長良川鉄道 ナガラ305

なぜか当日はウォーキング?の団体客で美濃太田から、1両しかない列車は満席でした。
そんな状況で、美濃太田→北濃まで約2時間かかるため、郡上八幡あたりで折り返して帰ろうとも思いましたが、

車窓はいかにもローカル線といった感じで、眺めが良く、1時間程度で団体客が降りて、ノンビリできそうでしたので終点北濃駅まで乗ってきました。

なお終点で降りたのは二人だけでした^^;

北濃駅には、蒸気機関車時代の手動式転車台(登録有形文化財)があります。

長良川鉄道 北濃駅手動式転車台(説明板)長良川鉄道 北濃駅手動式転車台

駅の観光案内がレトロです。駅スタンプは「探しています」と張り紙 orz
残念ながら駅舎のラーメン屋は廃業?となっていました。

長良川鉄道 北濃駅終点

北濃駅から先は車止めになっており、二十数キロ離れた九頭竜湖(越美北線)へ延伸計画があったようです。
現在、九頭竜湖へ直接連絡するバスも無く、交通手段はかなり厳しいので、
素直に折返して美濃太田へ戻ってきました。

長良川鉄道 川沿いを走る長良川鉄道 高架をくぐる

ローカル線が好きな人は行ってみると良いかもしれません。

#長良川鉄道と同じ方向に高速(東海北陸自動車道)が通っており、
#トロッコ列車も今は走っておらず、将来は難しそうに感じました。

2010年1月11日に、JR越美北線へ行ってきました。v(^_^)