マイクロエースのジオラマレールを買ってきました

ジオラマレールジオラマレール R281内回り

ジオラマレールは約15cm幅のプラスチック製ベースに道床付レールが乗ったもの(一体成型)で、川のシールや情景用マットを貼ると、即席のジオラマができるというものです。KATOユニトラック互換ぽく見えたので特価品を買ってきました。

ちなみにカーブ外に地面のある外周り用が欲しかったのですが、買おうかどうか悩んでいるうちに目の前から無くなってしまったので(笑)、内周り用を買ってきました。

レールが汚れていて接着剤梱包発泡スチロールの糸?が残っていたので、ユニクリーナーで磨いてから組んでみました。
組むと早速運転したくなるのですが、あいにく通電用コネクタセットC5010がありません。

直線(池付)レール裏に TOMIXスラブレール用 D.C.フィーダーを当ててみると、レールまで端子が 0.5mm ほど届かず、3mm程に折曲げたリード線(LEDの足の余り)をレール側に埋めて適当に接続させました。

ジオラマレール TOMIXフィーダー仮づけ

さっそく試走してみると、レールのジョイント音が響いて良い感じです。横で見ていた家族にもジョイント音は好評です。グレー成型のコンクリート地で無骨ですが、鉄橋のおかげで思ったより、まともに見えます。

ジオラマレール 試走(KATOアーバンライナー)ジオラマレール ジョイナー部ジオラマレール ユニトラック接続

ただし、何回か組み直していたら、金属ジョイナーが奥に埋まったり外れたり、プラの爪も弱くて接続がすぐダメになりそうです。

そこで使えそうなユニジョイナーを買ってきました。交換するとピッタリです。
ユニジョイナーは軟質プラで作りが良いため、全てユニジョイナーに交換しました。交換するとユニトラックにも繋がります。どうみても KATO互換ですね(^_^;
フィーダーも、ターミナルジョイナーを利用すれば良さそうです。

ユニジョイナーが気に入ったので ジオラマレールR281 の内側に合いそうなユニトラック R249をお試しに買ってきました。複線間隔32mmで良い感じで違和感がありません。道床付きレールはTOMIX 一筋だったのですが、この複線間隔をみるとユニトラック派になりそうです。

ジオラマレールR281とユニトラックR249の複線

さて、こうなると草を植えたり色々したくなるわけですが… 色々すると分解できないよね。横からと声が…^_^; ちょっと思案中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。