Home > 近鉄2610系 > 近鉄2610系製作 その6 パンタグラフばね加工

近鉄2610系製作 その6 パンタグラフばね加工

2610系製作 その6です。

順番から行くと、窓のアルミサッシの銀入れになるわけですが、手持ちの塗料にシルバーが無いため、パンタグラフを先につけることにしました。

例によって、Nテクマニュアルを参考に GMの PT42 板ばねの足?をカットして、カプラーのコイルばねを代わりにはめてみました。

ところが、屋根がまるくて、山になっているため、コイルばねが圧縮されるため、強すぎて収まりがよくありません。

いろいろ試した結果、コイルばねは、GMカプラー(写真の灰色)より、鉄コレのカプラー(写真の黒)が やわらかいため、これを使用して、さらにバネを6分の一にカットしました。

横から見たときに、銀色の板バネが見えないので、良い感じです。

panta3.jpgpanta.jpgpanta2.jpg

ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://shochans.jp/2008/11/05/150/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
近鉄2610系製作 その6 パンタグラフばね加工 from shochan の模型製作日記

Home > 近鉄2610系 > 近鉄2610系製作 その6 パンタグラフばね加工

Search
Feeds
Meta

Return to page top

back to top