近鉄2610系製作 その6 パンタグラフばね加工

2610系製作 その6です。

順番から行くと、窓のアルミサッシの銀入れになるわけですが、手持ちの塗料にシルバーが無いため、パンタグラフを先につけることにしました。

例によって、Nテクマニュアルを参考に GMの PT42 板ばねの足?をカットして、カプラーのコイルばねを代わりにはめてみました。

ところが、屋根がまるくて、山になっているため、コイルばねが圧縮されるため、強すぎて収まりがよくありません。

いろいろ試した結果、コイルばねは、GMカプラー(写真の灰色)より、鉄コレのカプラー(写真の黒)が やわらかいため、これを使用して、さらにバネを6分の一にカットしました。

横から見たときに、銀色の板バネが見えないので、良い感じです。

panta3.jpgpanta.jpgpanta2.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。