近鉄2610系製作 その11 台車の集電化 試作

奥歯の銀歯が取れてしまったので、久しぶりに歯医者に行きました。
まだ歯を入れてないので変な感じです ^_^;;

さて、2610系製作 その11 台車の集電化 試作です。

現在、とりあえずグリーンマックス(GM)製の台車 KDタイプを車両に付けています。ただ、これは集電が考慮されていません。

クロスポイントで集電対応の KD タイプの台車が売っていた(過去形?)ようなので、これでも良いですが、クロスポイント専売なのが難点でしょうか

TOMIXか、KATO のAssyパーツだと、集電はクリアしますが、GM台車より若干 入手が難しくなります。

できれば、GM台車 のストックがあるので、これが利用できないか?と思い、試作してみました。

25年以上も前から、KATO製の集電台車の基本構造は変わっておらず、少ないパーツで、転がりが実に良く、個人的にはこれがベストだと思っています。

よって、これを移植することにしました。

(1) 写真左は、KATO製「DT21 カプラー長ビス」です。
 欲しいのは、集電板 と 中軸車輪 だけなのですが、売ってないので、
 これで調達します。 台車の軸距離は 14mm です。

(2) 写真中、右は、GM製「KDタイプ」です。
 台車の外枠モールドを見る限り、14mmで OK と思っていたのですが….

実際の軸距離は 13.5mm でした。  orz

続く
DT-21.jpgKD-001.jpgKD-002.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。