小川を作る~グロスポリマーメディウム~再び

小川を作る~グロスポリマーメディウム~再びです。

前回>乾くと思ったより痩せて凸凹が少し出た感じですが、
前回>光の反射でキラキラするので思ったより、良い雰囲気です。この辺で深追いはしないことにします(^^

小川は深追いせず、とりあえずOKとしてきましたが…
そう、だんだんと乾くに従って、すご~く痩せるんです。(´・ω・`)

表面の凹み具合をみると、乾燥で容積は半分以下になっている感じです。

※これだけ容積が変化するのだから、原液を水で薄めて使うと乾燥で割れるという話は頷けますね。

運転会では干上がった川原、とかなんとか^^; 聞こえましたので、本来の意図どおりの水深に増やすため、再度グロスポリマーメディウムを重ねました。

透明な水ぽくする為、アクリル絵の具「緑」を爪楊枝に付けて混ぜ、極薄く着色します、2層目は1層目より、少し薄く(透明度は高め)です。水底より水面の方が透明度が高いよねという、なんとなくな理由です、あまり根拠はありません。うまく行くでしょうか。

最初が1層目の乾燥状態です。川底石の凸凹がそのまま出ていてイマイチです。なお、ホコリが溜まっていたのでハンディ掃除機で水面を綺麗にしてから2層目となるメディウム(カルピスぽい)を塗りました。

乾燥していくと、透明になります。

無事、曇ることなく透明になりました♪

2層目を流しても乾燥すると、水面は真っ直ぐな水平でなく、川底の影響を受けて凸凹してますが、イメージは小川なのでいい感じです。

完全乾燥でもっと痩せてこないか心配ですがとりあえず成功です。

小川を作る~グロスポリマーメディウム~再び」への4件のフィードバック

  1. ガモチャン

    白濁が透明になって行く過程が良く分かります。最初と最後で断然違うね! 楽しみです。それにしても橋関係は全て取り外し式だったんだ。
    そこが肝か、このモジュは!!

  2. shochan 投稿作成者

    こんにちは、ガモちゃんさん

    川が思うとおりには作れないと、思っていたので、最初から、取り外せるようにしちゃってます。

    川以外も含めて、なんせ、腕がないというか、作り方の手法が確立してないので…^^;

  3. ミリバール

    樹脂の厚みが増していい感じになってきましたね。

    水の表現は気泡とかの処理が難しそうで未だに手を出せないでいますが、次回のモジュールに向けて私もいろいろ実験してみたいと思ってます。

  4. shochan 投稿作成者

    こんにちわ、ミリバールさん

    >樹脂の厚み
    ですが、やはり写真より痩せました。^^;やっぱり

    大きめな気泡は爪楊枝で突いてつぶしてます。
    厚みがないのであまりわかりませんが…
    レジンとかほかの樹脂で、気泡とかどうなるか試してみたいですね。

    #都会派モジュールでも噴水とかあるといいかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。