Home > Archives > 2012-08

2012-08

第13回国際鉄道模型コンベンションJAMの巻(激団サンポール)

第13回国際鉄道模型コンベンションJAMの巻ということで、去年に続いて今年も出展しました。

激団サンポール(わりばし会&桜の森鉄道模型クラブ Feat.三都鉄道)の団員というわけです。

何回もビックサイトに足を運んだことはありますが、「前日搬入」は今回初めてで、ガラーンとして不思議な感じです。

今回も個性的なモジュールが集まりました。合同なので多種多様、大所帯となりました。
各所で参加された方がアップされているので、まぁいいかとも思いましたが、
大分書いてしまっていたので

さっくりと、モジュールの紹介に行きたいと思います。

UCCさん:何度見ても細かい。昭和の日常、生活感があふれています。

芋さん:イメージは昭和ぽいけど、シュールだったり、非日常な世界です。

1500masaさん:渋い実感のあるモジュール、左はまだ製作中で、この完成度

かんだらさん:独特の世界感で人気。相変わらず平成生まれとは思えません。

たうんとれいんさん:どこよりも早い改造車輌に加えて、今回初のモジュールは木製の二条駅がすごい。覗き込む人多数でした。

設計/橋parts:芋さん&製作:桜の森の合作:完成度が上がってきました。名鉄走らせて!といつもリクエストの逸品です。

モロコシさん:レトロな看板が雰囲気を盛り立てます。今回は未完ではなくキッチリ完成品です。

へびあたまさん:橋のモジュール2作、(みせるべき)細かい部分とトータルバランスが良い

鉄道模型大好き(TMD)さん:こちらも橋モジュール。あえて夏なのに冬、だがそれがいい。

千サクさん:通電トラブルで展示となってましたが、研修庫を覗き込む親子が良い感じ。

桜の森の会長:こちらもトラブルで展示となってましたが、トンネル正面を覗き込む人がいました。

桜の森の大将:ロックシェードには隠れキャラ(猫)がいるのです。

ART88さん:湖モジュールは列車の好撮影地です。次回は新作をぜひ。

ふらっとさん:野球ファンのモジュール。観戦しているフィギュアを良く見ると?
(そういえば昔、川崎球場でプロ野球を見たはずなのですが、ビールを飲んだ記憶しかありません)

ボシさん:作り込みとトータルバランスの良いモジュール、同じ作者と思えないコーナーモジは強烈すぎて負けました。

Kata改さん:峠モジュール。丁寧な作りと電飾。こちらも頭文字○を思い出したのは自分だけではないはず。

カオ電さん:ごちゃごちゃとした作りが写真に撮ると不思議にリアル。

手積みさん:踏切りモジュール、丁寧な作りです。

わりはしさん:奇想天外なモジュール、個人的ヒットは水上のモジです。

こ~じさん:全体的なバランスが良いモジュール。道路には良く見ると…

shochan:拙作の桑名モジ2週間仕上げ改良余地ありです。+旧作。なお接写すると粗が見えにくいだけですw

以上、一括で貼ってみたが枚数が多すぎかも…

桑名モジュール とりあえず完

仕事のトラブルやら、あまりの忙しさで全く更新してませんでしたが
桑名モジュール とりあえず完です。

モジュールは、なんとか形にしました、
「疲れたよ、パ○ラッシュ」ってな感じです。
ブログの記事なら7回分ぐらいのボリュームでしょうか。

妥協部分、オミット?している部分ありますが、この短期間ではここまでが限度です。
これからJAM搬入です。

とりあえず写真をいくつか…

ベニヤ高原やスチレンボード高原にならずにヨカッタ(^_^;

桑名モジュールその3 北勢線ナロー 5.1mmゲージレール敷設

桑名モジュールその3 北勢線ナロー 5.1mmゲージレール敷設の巻です。

前回築堤の途中まで作ってましたが、実物は築堤に通り抜ける歩行者用通路としてトンネルがあるので、これを再現しました。新品のカッターナイフでスッパリと発泡スチロールを切断します。これを接着剤 Super X で再度組みなおすことで四角いトンネル部分を設けました。少ない接着面積で強度的に大丈夫か心配でしたが、弾性形接着剤のSuper X では強度的には問題なく、すぐに固着できるので便利です。(実は Super X は、広い面積だと扱いにくいのが後で判明… ^^;)

次に築堤上を走る5.1mmゲージの拡張用に、ユニトラックS62 レールを半分に切断したものを築堤下に埋め込むようにしました。これらは半田付けした電線(赤と黒)で繋がっていて通電しています。ユニトラックが5.1mm ゲージレール用の電気的および物理的なコネクタになります。まぁ拡張用の保険?みたいな物です。

ユニトラックをコネクタ代わりにするのは、メジャーな方法(Zゲージや軽便鉄道のモジュール等)だと思います。その上に発泡スチロールを削って形を整えた築堤が乗る形になります。

近鉄のNゲージ複線および国鉄のNjゲージ(Zゲージ)を乗せた白いプラ板の「プレート線路」と木製パネルの間には、防音用に3mm厚のスチレン板を挟みました。木製パネルへの固定は昔懐かしい KATO製の12mm釘を使っています。

実は「プレート線路」を木製パネル上に直接接着しようとして失敗した為、リカバリで 3mm厚スチレン板を緩衝材で挟んでいます。これは広い面積の接着で Super Xを使った際、このところの暑さと手際の悪さから接着剤を塗っている途中から固まりだして、畑の畝のように凸凸凸凸凸凸状態で硬化して失敗したためです。(広い面積はゴム系接着剤で十分です ^^;)

これに伴い築堤も3mm厚スチレン板でかさ上げしています。地面についても木製パネルに5mm厚スチレンボード2枚で地面をかさ上げしました。

築堤上に2mm厚コルクを接着してから、5.1mmゲージのフレキシブルレールを接着しました。接着面積が少ないことと急カーブで力がかかるので、SuperXで固着させました。

橋脚のパーツを整えて仮接着した状態です。実物はもっと低く北勢線のナローが近鉄と国鉄をオーバークロスしますが、モジュールとして「パンタがもげる車輌」が無い様に高さを確保する必要があるので、KATO高架線路に近い高さのマージンを確保しています。

5.1mmゲージとして北勢線の車輌が何も無いので、下津井電鉄鉄コレを載せてみました。
Nゲージには近鉄1200系の鉄コレを、Njゲージ(Zゲージ)は改軌した KATO キハ26です。

まだまだ完成ではないのですが、ちょっといい感じです。

Home > Archives > 2012-08

Search
Feeds
Meta

Return to page top

back to top