近鉄2610系製作 その12 動力ユニット組あわせ 実験

2610系製作 その12 動力ユニット 実験 です。

グリーンマックスや鉄コレ動力は、窓から動力が見えてしまいます。

室内灯を付けたいので、TOMIX のパーツを集めて、動力ユニットを試しに作ろう という簡単な実験です。

TOMIX 近鉄分売パーツ 台車+シャフト+ギア、中古屋で使えそうな動力車を購入しました。

中古が新品と変わらない値段なら新品買ったほうが良いですし、安いといっても、大昔の動力車は合わないと予想されます。

よって、古すぎず、新しぎず、近鉄分売パーツがはまりそうなもの という選択肢になります。

というわけで、製造時期の近そうな 381系 です。(写真中央)

ボディは綺麗で動力快調です。どこがジャンクか一見わかりませんが、よくみると屋根に浮きグセがありました(笑)

写真右は、近鉄の KD台車 を履いた381系ですw
予想どおりダイキャストは同じで、台車交換は問題ありませんでした。

ただ、2mm ほど台車間距離が長いです。近鉄用のウォームギア(H) にすれば良いですが、ジョイントに遊びが無いので、モーター交換も必要なことがわかりました。(分解写真 忘れました orz)

ただ、あまりパーツを買うと、程度のよい中古の近鉄セットを探した方が断然お得になります。(中古でも、手入れすると愛着が出てバラしたく無くなるという話も…)

今回はTOMIX動力車の構成がわかったので良しとします。M-KD000.jpgM-KD001.jpgM-KD002.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。