伊賀鉄道860系、200系 お月見列車

夏は忙しくても、あちらこちらと乗り鉄してましたが、
ブログ書きは放置してました。^^; とりあえず再開です。

本日(もう昨日ですが)は、(旧近鉄伊賀線)へ行ってきました。
目的はもうすぐ新車置換えで、全て消える(予定の) 860系 です。
伊賀鉄道友の会入会時にもらった1日フリーキップを使って、乗り通しをすることにしました。

紅白パンダ塗装、忍者カラー、深緑のレトロ塗装とバリエーションがありますが、


個人的には、旧近鉄カラーのマルーン1色がお気に入りです。室内は床も椅子もマルーン地となっています。ちなみに網棚はパイプ等の金属ではなく本当の「網」です。

#ガキの頃に慣れ親しんだのが一番という、まぁ至極当たり前の話ですけどネ。(^_^;

伊賀線は、民家のすぐそばを縫うように急カーブで走ったり、単線で道路と平行して田んぼの中を走ったり、どことなく近鉄志摩線に近い雰囲気もあります。写真の駅は市部駅です。

と、吊広告を見ていたら「お月見列車」運転がちょうど本日とのこと。

 行き: 上野市駅発 18:00 → 18:29伊賀神戸駅着
 帰り: 伊賀神戸駅発18:41 → 19:07上野市駅着

せっかくなのでこれに乗ってから帰ることにしました。

通常運行の新忍者200系電車2両編成のうち、後1両の明かりが消されて月見用になりました。
ほぼ真っ暗な車内では月にちなんだ曲のバイオリン演奏が行われて、団子が振舞われました。

学生や子供、おじさん、おばさん、会社帰り?の人、なかなかの盛況ぶりでした。
ケーブルTVのカメラマンも乗り込んでいました。

行きは残念ながら月が見えませんでしたが、帰りは伊賀神戸駅を出てすぐ、車内から月が見えると、車内から歓声があがりました。

お月見列車の企画は「伊賀鉄道友の会」とのことです。GJです。
お土産に、さよならした860系 ピンク忍者カラーのフリー乗車券を買って帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。