カテゴリー別アーカイブ: 保守作業

鉄道模型の保守作業です。動力車の分解掃除などのメンテナンスを書いています。

KATO 12系ボディマウント マグネティックナックルカプラー化とアンカプラー線路Nj狭軌化検討

備忘録ぽい、その2です^^;
日々、溜まりに溜まった模型やらを整理している今日この頃ですが、

マグネティックナックルカプラーS長/S短(28-149/28-150)を入手したので、KATO Nゲージ 12系などに適用してみました。これは通常のナックルカプラーにトリップピンが付いた形になっています。KATO が国内販売している MT-10 など「マイクロトレインズのマグネマティックカプラー」と互換性があるので、アンカプラー線路 S64U (20-032)で、自動開放、DU(遅延解放)が可能です。

先に改造した12系のボディマウントカプラー化で「はめ込み式」にしたのは、実はマグネティックナックルカプラーに交換する為だったのです。^^

マグネティックナックルカプラー「S長」へ交換だけですが個体差なのか、ガタがあってナックルカプラーが少し下がり気味でした。カプラーが長いこともあって、アンカプラー線路では磁力でさらに沈むという状態だったので、写真のように1mm幅ぐらいに切ったメンディングテープを貼ってみました。

暫定的な方法ですがテープ薄さが丁度よく、カプラーのガタが無くなって良い感じです。
#マグネティックカプラー化は、あまりやったことが無く経験値が低いのでベストな方法かよくわかりません ^^;

同様にして、KATO EF65 500(P) リニューアル版は「S短」に交換しました。
こちらは改造用に中古で安く入手したものですが鉄道模型専門店でない場合は「アタリハズレ」があるので注意ですね。

今回EF65はハズレ:
ナンバープレートズレ/変な色挿し/カプラー板バネ破損は修正できましたが、
信号炎管/動力台車の爪折れ⇒パーツ無いのでそのまま、
ヘッドマーク接着済⇒そのまま、この手のはセメダイン系が多いですね。orz

写真のDD13はアタリ:破損箇所が特に無く MT-10交換済

EF65と12系客車のマグネティックナックルで、自動開放とDUができました。

MT-10の DD13 と12系の組合せも、自動開放とDUができました。動作的には台車マウントカプラーの MT-10 同士の方が確実感がありますが、これよりも形状が良いのがメリットです。

自動開放による機回しや突放ができると、単純なレール配置でも、かなり遊べます。^^

さらに、Njゲージ(1/150 6.5mm)狭軌化の検討で、磁石が細くても使えないか検証してみました。マイクロトレインズ社の道床レールにZゲージ用アンカプラー線路がラインナップされていますが売切れだったので… ^_^; TOMIXレール M70を使ってみました。

2012年4月22日追記:
マイクロトレインズ社のアンカプラー線路が入手できたので後日テストしてみました。

この磁石がスリムなので、写真のようにZゲージレール幅でも収まりそうです。動作が問題なければ磁石の転用ができるはずです。

そのままのM70では磁石の向きが合わないので90度回して、ゴム系ボンドで接着しています。90度回すとマグネティックカプラーでも自動開放ができました。v^^;
ただ幅が狭いのでナックルの開きが甘い感じです。確実感が若干落ちますが、自動開放可能でした。

DUは、カプラー開き具合からして無理な感じですが、レール磁石の位置が少し高いので、調整でなんとかできるといいなぁ…ですね。^^;

Njゲージ 動力車 KATO キハ56+27 の巻

前回(KATO DD51)に引き続き、KATO キハ56 を Njゲージ化 = 「Nゲージ(9mm) → Zゲージ(6.5mm) に改軌」しました。

このキハ56 タイプ2両セット(キハ56+27)は中古で見つけたもので、ライトが点灯しないと注釈付きとなってましたが、「非冷房のキハ58」が欲しかったので引き取ってきました。^^

まずはメンテナンス…
動力台車を外すとギアにホコリが噛んでいたので清掃。車輪を磨いて走行OK。
点かないライトも集電板が曲がっていただけなのでラジオペンチで修正してOKです。
あっさり直りましたので、途中の写真を忘れました。^^;

試走して問題ないので、続いて Nj (6.5mm)ゲージに改軌改造を行います。

例によって、車軸打出しで長軸改軌をします。写真のようにTOMIX レール間に落ちるぐらいに車輪の軌間が狭くなります。

改軌後は車輪が動力台車フレームに当たるので、その部分をカッターなどでカットします。今回は台車マウントのカプラーを生かすため、バッサリと逝かないようにするので、少々面倒ですが進めていきます。

1つ目の台車は地道に現物あわせで、カッターで削ってえらい時間がかかりました^_^;
カットするポイントがわかったので、二つ目の台車はピンバイスで穴を開けて、最初にニッパーで大まかにカットしました。やっぱりニッパーは早いです。なお穴開けをサボると思わぬところまで切断されて涙目になるので注意です。^_^;

動力台車の底も車輪が当たる部分だけカットして、なるべく残すようにしました。
2つ目は切断のガイドとなる治具のようなものを作って作業してます。

動力台車の車輪がスムーズに転がるのを確認したら、元通り組みます。
改軌後、ZJレール Real Track で試走してみて、R220もクリアしました。(流石にR195は無理ぽいです)。そのあと、ギアのグリスアップ後、スローも効いて快調です。

前回の DD51 +オハフ33 と キハ56+27 を並べてみました。T車のキハ27も、以前と同様に改軌しています。

遠目や正面から見た時、線路と車輛のバランスに狭軌感があって良い感じです。

今回は中古の車輛を改造していますが、昔の製品でも、KATO動力はやはり安定感があってよいですね。

KATO117系の白色LEDライトユニット作成

以前入手した中古 KATO 117系 4両。ボディは美品で、動力メンテして走行快調ですが、なぜか先頭車のライトが点灯しない。分解すると… ライトユニット基板が入ってません でした。orz

該当のAssyパーツのライトユニット 4042G は、お店には売っておらず、通販では「送料 ≒ 商品代金」と同額のため、しばらく放置してましたが、久しぶりに走らせたら、やっぱりライトが欲しいということで、深夜にシコシコとライトユニットを作ることにしました^^;

GM近鉄キット前照灯用に作った時は「白色LED×1 + CRD×1 + 整流ダイオード×1」3個を用いましたが、同じ回路だと先頭1両あたり、前照灯+尾灯で2倍、6個の部品が必要です。

一方、313系白色LED化の時に調べたのですが、KATOのLEDライト回路では、前照灯+尾灯を「LED×2 + 抵抗×1」3個のみで実現しています。CRDに比べると部品点数は半分でシンプルです。

手持ちのCRDが少ないので、KATO LEDライト回路に習って作成することにしました。

回路は図のようになります。図はフリーの電子回路シミュレータ「Qucs」で作成したものです。(白色LEDが部品にないので、特性の同じ青色LEDで代用です ^^; 電源は12Vの矩形波で、電流計はスルーでw)

313系ライトでは、抵抗R1=270Ωでしたが、白色LEDは明るいので大きめの抵抗R1=390Ωとしています。片方のLEDが逆接続となっていて大丈夫?と思いましたが、LEDの順方向では素子両端が一定電圧(Vf=3.3V程度)となるらしく、逆接続となるペアのLEDがリミッタになるので、壊れるとされる逆電圧5V(U_rev_break)には届かずOKのようです。シミュレーションの赤線も、MAX 3.3V 0.02A (20mA) となっています。電子回路はよく分からんのですが、シミュレーションできるとは便利ですね。^^

配線は基板を用意するのが面倒だったので、空中配線による半田付けとしました。
ライトユニット 4042G が手元に無く参考にできないので、現物あわせてで作成しました。

「微妙に」サイズ決めして足を折曲げてあり、電球放熱用のアルミ等にもショートしませんので、
絶縁対策はサボってます(^_^;。

電気を通すウェイトに LEDの足を当てただけでは接触がイマイチでしたので、短冊にハサミで切ったりん青銅板を電極としています。電極の緑色は半田付けでカッターマットが溶けた為です。注意しましょう。ペンチで「ヘの字」にしたので接触良好でライトユニット取外しも可です。

白色LED化した313系と、117系を並べてみました。ライトが光るとやはり良いものです。後でクリアオレンジを塗って電球色ぽくする予定です。

低い電圧でも光るので TOMIXパワーユニット「常点灯ダイアル最小」で、ほんのり光ります。

今回のライトユニットですが、1個60円(白色LED 2個50円, 抵抗 1個10円)、2個で120円ぐらいです。
純正4042G(1 or 2個?)が 定価420円で(たぶん)電球なので安く思えますが、工数とか手間を考えてしまうと微妙かもしれません。

まぁ、(電子)工作を楽しめたのでOKということで。

ZJゲージ 485系 の修理メンテ

プラスアップ ZJ485系 標準カラー「国鉄色」入手しました。485系は3編成目となります。増結付10両です。増結は要らなかったのですが抱合せもといセットだったので…^_^;
そして、EF81 ローズも入手しました。実はジオラマレールと一緒に買ったものです。

ZJ485系標準カラー、EF81 ローズ

手元にレールが無かったので、今頃試走です。以前の485系は色ズレ車輪曲りなどイロイロありましたが…さて今回は?

ZJゲージ485系 先頭車の車輪錆ZJゲージ485系車輪錆

1両レールに乗せます。ん?ザラザラとした感じで転がりません。よく見れば車輪が錆びてます。やはり中華品質 orz
新品なのに…と思いつつ、TOMIXレールクリーナーに綿棒で車輪磨きです。磨いたら転がるようになりました。先頭車1両だけ錆びていたようです。

動力車ですが…電圧を上げても(正逆含め)動きません orz (この辺ドタバタしていたので写真忘れました)
モーター電極をテスターで測ってみると、ちゃんと通電してます。動力台車の首ふりの動きを確認しつつ、電圧を上げてレール上で何度か前後に軽く動かしているうちに
突然ギクシャクと動き出しました。どうやらギアの動きが悪かったようです。低速で何周か慣らし運転を行ったところ動力車も大丈夫になりました。

次は編成で試走です。6両だとぎりぎりセーフですが、増結を加えた10両では必ず空転して全く動きません。

ZJゲージ485系床板反り

1両づつ転がりを確認すると、グリーン車2両だけカーブで重いです。なんと床板が反っています orz
台車が傾いて抵抗が大きくなるようです。反りをチョッと直しました。オモリの曲がってるのが補正した方です。^^;

全車カーブに差し掛かると空転することがありますが、なんとか10両フル編成でエンドレス走行できるようになりました。
写真は犬が尻尾を追いかける感じですが、小さな机でも長編成にできるのがZゲージの利点ですね。
ZJゲージ485系10両編成ZJゲージ485系10両編成
485系の台車がプレーン軸受けで、もともと転がりにくいので
カーブなど考慮すると 1Mでは、6両 (1M5T) が実用的だと思います。

さて、RealZJ EF81 ローズです。
ZJゲージEF81,TOMIXと比較ZJゲージEF81動輪ZJゲージEF81走行
485系がイロイロとあったので、ちょっと覚悟してましたが、あっけなく動きました。
最近のNゲージ動力に近い感じで静かでスムーズです。文句ありません。もっとも値段は 485系6両分です。

TOMIX Nゲージ EF81 ローズと比較してみました。カプラーもナックルで小さいながらも作りは良い感じです。黒染め動輪にゴムタイヤもあり牽引力が期待できそうです。

ただ、当方には牽かせる車両がありません。(^_^;

ZJゲージ 485系 動力車の修理メンテ

プラスアップ ZJ485系 ひたちカラー を入手しました。今回は塗装のズレもなく、動力も調子が良くOKです。ZJゲージは2編成となります。

ZJゲージ485系 標準カラー、ひたちカラー

すると、以前入手した調子の悪い動力車の「国鉄色」1編成が気になってきます。

こちらは、動力台車の車輪が(車軸に対して)正確に90度になっておらず、走行時に横から見てわかるレベルで上下に車輪が揺れてレールから浮くのです。空転して牽引力がイマイチです。
比べると、もう気になって仕方ないので、動力車の修理を試みることにしました。

前の記事で、行わなかったのは、動力台車のプラはめ込み部分が溶かして外れないようになっていたからですが…
大垣城の階段で怪我して青くなった指も完治しましたし… 今回は勢いで敢行w

注意深く丁寧に、カッターナイフ先で溶着部分に切れ目を入れます。時計用ドライバーで突付いて外れました。KATO Nゲージに似た構造です。

ZJゲージ485系 動力台車ZJゲージ485系 動力台車分解 車輪抜きZJゲージ485系 ギア付き中空軸車輪ZJゲージ485系 曲がった動力車輪

なんとか無事分解できたので、ダメな車輪を取出します。この車輪をレール上で転がすと、全然転がりません。中空軸から外してみました。90度ではないことがわかるかと思います。

車輪の曲げ修正を試みますが部品保持が難しい為、四苦八苦して、いったん諦めムード orz
ふと、KATOと同じ中空軸なら、T車の車輪が使えるのでは?と ピコーンw 試したところピッタシでした。v(^^)

なお、T車用の車輪もバラツキが多く、KATO,TOMIXなど Nゲージレベルより低い印象です。そのなかで比較的良い車輪を選びました。やっぱり食玩/中華品質でしょうか…

残ったダメな歪み車輪は、T車用なら壊れてもいいや、踏ん切りがついたので力まかせに曲げたところ補正できましたw

ZJゲージ485系 試走

すべてを、組み直して試走したところ、及第点レベルとなりました。
ただ今回、運に助けられた部分もあります。Zゲージだと分解は辛いですね。

ZJゲージ485系、やっと走行(動力ジョイント修正、TOMIX-KATO電源変換コネクタ作成)

プラスアップのZJゲージ485系をやっと走らせることができました。

写真は、TOMIX HG 485系と並べたところです。同じ色で一度並べてみたかったんです。

…… って、今、気づきました。
前面のライト部分、思いっきり塗装がずれている。 これが食玩品質か orz

ZJとNゲージ比較 485系ZJとNゲージ比較 レール

レールは、ZJゲージ の Real Track、Nゲージ の FineTrack です。
ZJゲージのレール外観はかなり緻密で FineTrackより良い感じですが、枕木間隔が大きいのでナローゲージに見えてしかたありませんw

レールに電源供給するフィーダーは、KATOとコネクタ互換となっていますので、KATOパワーパックがあればそのまま接続すればOKです。
ただ、手元には、TOMIXパワーユニット (7個 ぐらい) しか持ってないので(^^;
今回は変換ケーブルを作成しました。

ZJゲージ レールフィーダーTOMIX-KATO電源変換コネクター

TOMIX と KATO 延長コードを切断したものをはんだ付けして、熱収縮チューブにて被覆しました。
ZとNでフィーダーを取り付けた際にレールの電極+-を合わしてあります。

走行した感じですが、カーブだと、動力車の煩い音が出ます。動力台車の車輪が90度ではありません。はずれ引いたかも orz

早速分解してみると、ほぼNゲージのKATOと同じ作りです。ただ動力台車は成型がシャープでなく精度はいまいちです。
シャフト末端のジョイント部分が盛大に折れ曲がっていましたので、ストーブであぶりつつ若干修正しましたが、
あまり変わった気がしませんw

ZJゲージ 動力分解

プラスアップのZJゲージは最近の精密なNゲージ(TOMIX HGなど)と比べると、どうしてもイマイチ感があります。
足回りはかなりオーバースケール気味です。(雰囲気的には黎明期のTOMYみたいな感じでしょうか)
安価に入手して、お気楽に遊ぶ分にはいいかなと思います。
※ただし、レールは Nより値段が高いですw (最小半径はR195)

TOMIX近鉄アーバンライナー 保守 その2

その2は、以前保守したときの内容です。

今回の記事は、中古で入手した TOMIX近鉄アーバンライナー動力車の話です。
また、アーバンライナーかい! と思う人もいるかと思いますw

これ、台車とボディ内部が黒く汚れていたのです。何でこんなに、黒いの? というわけで分解しました。
これは写真を忘れずにとりました。

なぜかモータも汚れています。モーター内部を見ると黒いススが…
机にコンコンとたたくと、黒いススがぽろぽろ…   コンコン、ぽろぽろ (^_^;;;

プラモデルでスーパーカー作ってた時代のマブチモーターなら、
ガキの頃、よく分解した(壊した)記憶があるのですがTOMIXモーターは外のフタが強固でして、こじあけが面倒で難しかったので

ひたすらコンコンとやってw ススが出なくなるまでやりました。

例によって、ギア清掃、グリスアップしてそこそこ走る動力車になりましたが焼けた?と思われるので、TOMIX M5モーターをみつけて交換したいですね。

UL005.jpgUL006.jpg

TOMIX近鉄アーバンライナー 保守

昨日の鉄道わくわくフリーマーケットでは、伊賀鉄道の鉄コレを無事入手しましたが、
入場料として 900円も取られたので、

実は、フリーマーケットで TOMIX近鉄アーバンライナーを入手してきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昨日書きませんでしたが、フリーマーケットは千差万別でして
  電車なのに機関車の大きい車輪が付いてる古いジャンクなのに高い
  鉄コレを分解改造したあとの単なる残りパーツがえらい高かったり
  それなりに最近の製品が安かったり
  第9弾の鉄コレ国鉄4両セットが 4000円位とか
 そこをたくさんの人が群がっているので、
 まっとうなものを見つけるのは、かなり大変でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな中で、
オプションの室内灯がオマケで付いていて、(外から見てもわかる状態で
室内灯が脱落してましたが f ^_^;) 外見はまともそうでしたのでw
アーバンライナーを買ってきました。

(1) で、室内灯取り付けがやはり クセモンで、疑ってかかってみたら、
1両座席パーツが前後逆でした。これははめ直して修正
床板もきちんとはまってないので、はめ直し

(2)動力車がギクシャクして動かないので、ウォームギアの糸くずを
取除き清掃してグリスアップ!

(3)車輪はTOMIXレールクリーナーで清掃

(4)先頭車ボディにこびりついた汚れが落ちないので、慎重に
TOMIXレールクリーナーで除去、一部ボディにテカリがでましたが、
ぱっと見問題ないレベルまで綺麗になりました。

って、思わずメンテしてしまいましたので、今日はお出かけは無しです。
保守前の写真も途中も忘れた ^_^;

これにて、TOMIXアーバンライナーは2編成目が増備されました。
取り外した室内灯はいずれ、白色LED交換実験の予定です。UL003.jpgUL004.jpg

KATOアーバンライナー 中古品を入手しました。(?編成目)

室内灯装備 KATOアーバンライナー 中古品を入手しました。

KATOカプラー装備、シールが紙製 なので、10~15年は経っている製品ではないかと思います。

(1)動力台車を外し、ギアなどに絡んだ糸くずを取り除き清掃
(2)車輪は、TOMIXレールクリーナーで磨きました。
(3)すごい音を立てていたウォームギア軸はグリスアップしました。
(4)台車が首を振らず、動力車がカーブで脱線するため、調べたところ、
集電板が曲がっていて干渉していたので、まっすぐに修正
(5)ボディにあった、鉛筆・ボールペンの線と思われる汚れは、
消しゴムでクリーニング、(オレンジラインを消さないように)
(6)1両だけ点かない室内灯は、テスターでランプ切れでないことを確認
  いったん室内灯を外して組みなおして復活

そして見違えるように、動力はスムーズに、ちらつきなく全車室内灯が点くようになりました。
(流石のKATO,10年前以上の製品とは思えません。)

って、これ当初、

グリーンマックスの近鉄車両製作の動力用にと考えていて確保した中古なんですが
以外に綺麗になってしまって、なんだか愛着が出来てきてしまいました。(^_^; )

バラす気が起きなくなってしまったので、
アーバンライナー中古 3編成目が増備されました。

#次はもっと安い中古で、気兼ねなく改造できる品物を入手しないと… なんだかループしている気が
#KATOさん Assyパーツ生産してください と思う今日この頃

UL000.jpgUL002.jpgUL001.jpg

DD13 ジャンク復活

近鉄大スキーな私ですが、国鉄時代の車両も好きです。

そんなわけで、今回は DD13 です。

  DD13といえば、小遣いを貯めて買った トミー製(香港)DD13 に良かれと思って、
  「クレ5-56」 の潤滑油をギアに指してしまい、ギアが溶けてボロボロになり、
  廃車になった苦い経験があります。(いったい何年前の話でしょうか ^_^; ………….. )

当時 関水金属製 DD13 は、ライトも点灯、精密でカッコ良かったのですが、結局 手が届きませんでした。(前ふりが長いです。すいません)

そんなわけで、 ライトも、動力も、不明 というジャンク品でしたが、外観は良好であったので、当時憧れだった DD13 を入手しました。

電気を入れたら、キュリキュリ音がして動きが怪しいですが ライトも点灯します。

グリスアップを台車裏からさしましたが、台車奥のウォームギアにまで回りません。

台車の外し方が、よくわからず、強引にやると不味そうな気がしたので、今回は、左手に DD13 、右手に クリップの針金 グリスを  持って、

台車の隙間から、奥のウオームギアに丹念にグリスアップしました。
車輪も磨いて、異音なく スムーズに動くようになりました。

流石の KATOです。(^_^)
DD13-001.jpgDD13-002.jpgDD13-003.jpg