Home > 日記 > Njゲージ動力車を試作の巻 KATO DD51

Njゲージ動力車を試作の巻 KATO DD51

デジカメ Micro SD カードが突如 FATエラーで壊れたので、写真救出に時間がかかりました。SDカードも壊れるんだねぇ(^^; 気を取り直して…記事アップです。

ちょうど良いタイミングで KATO DD51 が再生産されたので、動力車の Njゲージ化 = 「(9mm) から Zゲージ(6.5mm) に改軌」 を試しました。

DD51は、安い中古の出物が無いか探していたのですが、なぜか中古屋の方が新品より高かったので^^; 試走しただけの新品を早速バラシますw

台車だけ改造すればよいのですが、台車だけ外せなかったのでボディを分解します。最初に屋根を外して真ん中のキャブを外し、キャブが外れれば前後エンジン部も上げて外せます。ダイキャストの凸にプラボディの凹がはまる構造になっているので、ボディに無理な力をかけないように慎重に作業デス^^;
ダイキャスト横の小さい穴から時計用ドライバーを突っ込むと台車のひっかりが外れます。

台車を無事外せたら車輪を取出します。T車では中空軸片方だけカットして短縮しましたが、ギアが中央にあるので両端をカットしてバックゲージ 5.25mm となるようにします。中空軸4本の長さが揃うように、やっぱり治具(のようなものを ^^; )を作って作業しています。車輪の車軸はハンマーで打出して、車軸長がオリジナルと同じ 14.2mm になるように調整します。

改軌後は、車輪が台車フレームに当たってしまうので、当たる部分をカッターとニッパーで取り除いています。KATO動力台車は、T車の台車と同じく、ほとんどが集電板とピボットで車輪を保持する構造になっているので、真ん中フレームは無くてもOKでした。ちょっと強度は落ちてますが^^;

※この方法は泰茅轍道さんのサイトと同じ手法です。見学会での指南に感謝

ギア付き車輪がスムーズに転がり試走もOKでしたので、中間台車も長軸改軌しました。
組立て完了後に RealTrack ZJゲージ線路で走行してみました。直線試走OK、スノープローの「バリ」も削ればR220 急カーブもクリアします。ただ、R220は少々異音がある感じなので製品仕様の最小半径 R249で使った方が良さそうです。DD51のフランジが低いのですが脱線も特に問題ありません。

カプラーは付属のナックルに交換しました。オハフ33を引かせて良い雰囲気です。狭軌レールと車輛のバランスがいい感じです。カーブで外側に傾いているのは、単に RealTrack カーブが逆カントに反ってる為です。^^;

鳥羽から伊勢へ行く時、近鉄より(本数は少ないが)運賃の安かった国鉄に乗ったのを思い出しながら。ちょっとご満悦です。^^

ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ

Comments:2

marutate 11-02-19 (土) 10:52

はじめまして.
Nj化とナローのレール作成の記事,興味深く拝見しました.
DD51+旧客は秀逸ですね.山陰本線に旧客を求めて旅行しにいったときの光景がよみがえりました.
Katoの旧製品の旧客を新製品に更新したため転属させて処分しようかと思っていましたが,改軌して遊んでみようかと思いなおしました.

shochan 11-02-20 (日) 0:25

はじめまして、こんばんわ
marutateさん、コメントありがとうございます。
>旧客を求めて旅行しにいったときの光景がよみがえりました.
Njゲージ化で軌間を狭くすることで、ぱっと見たときの雰囲気の効果でしょうかf^^。
旧客は実車が長軸ですし、長軸改軌はお勧めです。
ディスプレイ用と思って1両だけでもトライされるのも良いかと思います。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://shochans.jp/2010/10/30/2152/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
Njゲージ動力車を試作の巻 KATO DD51 from shochan の模型製作日記

Home > 日記 > Njゲージ動力車を試作の巻 KATO DD51

Search
Feeds
Meta

Return to page top

back to top